自然治療についてのレポート

生きものが活力で本来、与えられた生命の核心になって、恒久性メンテナンス機能(ホメオシタシス)
で活力を保って、治療能力力はこれらにある機能が協力すると事によって「力を癒やしている自身」で生まれる力を言います。

さらにまた、生きものは生まれます。
そして、進化して、現在それに中で着く前に受け続けた「自然空海」(すなわち、気候)に値しているネイチャーの力、
気候、空気、水、食事、重力、波、スペース光線と相互の力による「生命維持環境効果」と「力を癒やしている自身」との調和は「力を癒やしている自然」で天性の治療能力を言います。
我々に関しては、真夏の熱い日にも出かけます。

そして、エアコンの働かない部屋であるとき、大量の汗は出ます。

しかし、汗が一汗かくことによって蒸発するとき、これは皮膚の蒸発熱を取って、その温度上昇を防止します。

冷たいときそれが前へあるとき、冬の最中の、鳥肌は立っています。
そして、体は数分で固くなって、活発な音で震え始めることができます。

小孔の立毛運動筋肉をぴんと張ることによって孔を締めます。
そして、これは熱がそうであるそのたった一つの蒸発を防止しますそれの強盗をして、そして、より体の筋肉を締めて、そして、震えることができることによる熱を生み出して、そして、下ってその温度低下を防ぎます。

ホメオスタシス・メンテナンス機能は通常このように人体の機能を保ちそうである仕事を意味します。

しかし、恒久性メンテナンス機能は携帯単位(体で本当に取り入れることができる仕事だけでなく体のも分子単位)によって機能します。

この機能と活力の手ごわい人をコントロールすることが通常ホメオスタシス・メンテナンス機能(そして、活発で似合われる免疫と抗体)を委託することが活力である。

そして、恒久性メンテナンス機能が再び通常機能するならば、活力を弱めることは復活します。
そして、私はより満腹で、私が当初生まれる活力をすることができます。

そして、重要な一組のようなものと互換性を持った仕事は協力します。

そして、これらの2つの作品に関しては、自然治癒する力は、いわば、活動に導かれます。
細胞の作用は根を作ります。

そして、それに成る細胞、家に帰る本能の恒久性を保つためにほこりのない血の通常の循環によって
そして、これらの機能は、心臓の理想的な方法に依存します。
そして、それは生命維持環境効果で支えられます。

copyright(C)薄毛で悩んでいるのならプロペシア